シミとくすみの違い

シミとくすみの違いを、あなたはご存知でしょうか?

また、それぞれの対処法をご存知ですか?
やはり、違いが分からないと対処法もなかなか難しいところですよね。

ここでは、シミとくすみの違いについて、そしてそれらの対処法についてをご紹介していきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

◎シミとは何なのか◎
シミというのは、主に通常のお肌よりも褐色がかった部分のことを指し、大きさや濃さなど実に様々なのが特徴です。
ただ、そばかすほど小さいシミはありません。

シミの主な原因は、紫外線ダメージによりメラニンの生成です。
本来であれば、メラニンはターンオーバーにより、垢と一緒に剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れてくるとシミとして残ってしまいます。

また、シミは紫外線などの外的刺激だけではなく、ストレスや生活習慣なども原因で出てきてしまうこともありますので、ストレスや生活習慣にはなるべく気をつけたいところです。

◎くすみとは何なのか◎
くすみは、シミとは全然異なるものです。

シミは部分的にお肌と色が違うものを指しますが、くすみは顔全体が何となく暗いトーンになってしまうことを指します。

くすみの原因には様々なものがあり、一番の原因は血行不良になります。
女性に特に多い理由として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れ、冷えなどによるものです。

次に考えられるのが、お肌の乾燥からくるくすみです。
お肌が乾燥するとハリや弾力を失い、お肌自体がしぼんでいってくすみとなってあらわれます。

また、くすみの原因で一つ厄介なのが糖化とカルボニル化です。
この2種類のくすみの原因は食生活を改善しなければいけないため、厄介な原因となります。

◎原因は違えど必要な対処法は同じ◎
実は、シミもくすみも原因に違いはあっても、対処法は一緒なのです。

スキンケアの見直し、食生活の見直し、適度な運動、良質な睡眠、これらをしっかりと行っていけば問題ありません。

特にスキンケアでお勧めなのが、以下の3種類の成分です。
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・アルブチン

これらの成分が配合されているスキンケア商品を利用して丁寧に刺激を与えずにお肌のお手入れをすれば、シミもくすみも徐々に改善されてきます。

食生活でも、以下の栄養素が含まれている物を選んで取り入れることで内側からも対策することができます。
・ビタミンC
・タンパク質
・リコピン

外側からも内側からも、ビタミンCが必要なのは理由があります。

ビタミンCは摂取しても、すぐに体外へと出ていってしまう特徴があります。
そのため、積極的にビタミンCは取り入れる必要があるのです。

リコピンはケチャップなどにもふくまれていますので、仮にトマトが苦手な方でもオムライスなどで食べるのもアリですね。

お肌に与えなければいけないスキンケア商品の配合成分、食生活で補わなければいけない栄養素などを知っておけば、シミやくすみは改善されていきますので、ぜひトライしてみてください。