唇のシミにホホバオイル

唇にシミができているのを発見したことがある方はいませんか?

なぜ、唇にシミなんかができてしまうのでしょうか?

ここでは、唇にできてしまうシミの原因や対処方法などをご紹介していきたいと思います。

唇のシミで悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

◎唇のシミの原因はさまざま◎

唇にできるシミというのは、実は原因はさまざまなんです。
順番に、ご紹介していきます。

・紫外線によるダメージ
まず一つ目は、紫外線を浴びることで唇が紫外線ダメージを受けてしまい、シミとなってしまうというのが考えられます。

唇は、外的刺激から身を守るためのバリア機能を備えていないのです。

そのため、唇は日焼けしやすく、シミもできやすい部位なのです。

・口紅などのリップメイク
次が、女性に特に多い口紅やリップメイクです。
ただ、口紅やグロスなどのリップメイクが原因なのではありません。

メイク落としが原因なのです。

口紅やグロスなどのリップメイクはしっかりと落とさないと、シミの原因となる場合があります。
近年ではリップティントといったアイテムもありますが、こちらは口紅やグロスよりもはるかに発色がよく、しっかりと落とさないと色が定着してしまう恐れもあります。

とはいえ、ゴシゴシしすぎても逆効果ですので、クレンジングをしっかりと行うように気を付ければOKです。

・摩擦などが原因で、シミができる

食事などを終えたとき、唇をゴシゴシとティッシュで強く擦りすぎてはいませんか?

また、上下の唇をすり合わせる癖などはありませんか?
こういった摩擦による刺激もシミの原因となりますので注意が必要です。

なお、口紅などの落とし忘れなどを気にしてクレンジングシートを利用している方もいらっしゃるかもしれません。
使用の際は、強く擦らないようにしてくださいね。

クレンジングシートは、大変便利なものです。
ですが、強く擦りすぎるとかえって刺激になってしまい、シミの原因となります。

◎すでにできたシミはどうしたらいいのか◎

すでに「唇にシミができているから困っているんだ!」という方もいらっしゃるでしょう。

唇にシミができた場合は、どうしたら解消されるのでしょうか?
方法をいくつかご紹介していきます。

・ホホバオイルを利用する
唇のシミに効果が期待できる方法は、まずは保湿を心がけることです。

唇の保湿なら「通常のリップクリームでもいいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、注目されているのがホホバオイルなのです。

無農薬のものを選ぶことがポイントです。

・皮膚科のレーザーで消す方法
皮膚科のレーザーで消すのは手っ取り早いですが、保険が適用されません。

そのため、金銭的なリスクはあるかと思います。

◎予防は日ごろからのケアが大切◎
予防をするという場合は、クレンジングはしっかり行うこと、そして保湿ケアを丁寧に行うこと、紫外線対策を行うことにつきます。
これらを行っていれば唇のシミは対策することができます。