シミとそばかすの違い

シミとそばかす、どちらも悩みを抱えていらっしゃる方は多いことと思います。

シミもそばかすも、見た目の問題となるため、気分が落ち込んでしまいますよね。

ところで、シミとそばかすには違いはあるのでしょうか?

実は、知っていそうで知らないシミとそばかすについて、ここでは調べてみることにしました。

◎シミの特徴と原因◎
シミの原因は、あなたもよくご存知かと思います。

例えば、ニキビや吹き出物の跡が色素沈着してしまい、シミとなって残ったり、紫外線によりダメージの蓄積などが原因となっています。

つまり、生まれつきのものではなく、後天的な事柄が原因となるのです。

肝斑などもシミにあたります。

◎そばかすの特徴と原因◎
そばかすはシミと違い、多くの場合「遺伝的」なものになります。

斑点の大きさはシミよりも小さく、鼻や頬のあたりにできるのが特徴です。

また、意外と知られていないのが、そばかすは顔以外の場所にもできるのです。
紫外線を浴びることで、濃くなる性質はシミと一緒ですね。

ところが、シミとは反対に年齢を重ねるとともに、そばかすは薄くなってくることもあります。

◎シミとそばかすの対処法とは◎
シミとそばかすの違いについては、上記でご紹介してきましたが、対処法に違いはあるのでしょうか?

実は、そばかすは遺伝性ということですので、自宅でのケアだけで解消することは難しいです。

しかし、日頃のケアからそばかすを薄くすることはできます。

しかも、そばかすを薄くするケアをすることによって、シミ対策もできるため一石二鳥になります。

それでは早速、対処法をご紹介していきたいと思います。

・できるだけ紫外線を浴びないようにする
最低限の紫外線は仕方がありませんが、それ以上の紫外線を浴びる必要はないため、できる限り紫外線を浴びないように行動するようにしましょう。

・ビタミンを積極的に取り入れる
ビタミンCは、メラニンの定着を防ぐ効果が期待できます。

そのため、最近の化粧品にはビタミンC誘導体なんていう成分も配合されていることが多いですよね。
また、ビタミンEには新陳代謝を活発にし、お肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

ビタミンAは活性酸素を除去し、お肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

・なるべくお肌に刺激を与えない
シミの原因であるメラニンは、刺激を与えることで増加することもあります。

メラニンは本当であれば、お肌を守るために生成される物質です。
そのため、刺激を受けるとお肌を守ろうとする防御反応が起こってしまい、結果として過剰にメラニンが生成されてしまいます。

万が一、マッサージや洗顔を行う際、ごしごしと強めの力で行っているといった方は、その力を少しぬくだけでお肌に優しいケアを実現できます。

ケアの方法をご紹介してきましたが、シミとそばかすのケアが同じ方法なのには驚きですね。

そばかすを薄くしたい方、シミをなくしたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。