ホワイピュアの副作用

シミやそばかす、色素沈着は顔だけではなく、年齢とともに「手の甲」「背中」「首元」などにも表れてきます。

お肌表面からのケアだけでは、なかなか効果を実感することは難しいです。

そこで身体の中から働きかけ、改善をサポートしてくれるのが「ホワイピュア」です。
第3類医薬品になるので、お薬扱いとなっています。

お薬となると気になるのが、使われている成分ではないでしょうか。

安心して飲み始めていただきたいので、今回はホワイピュアの成分について詳しくご紹介させていただきます。

成分その1:L-システイン
よく聞く成分なので、ご存知の方も多いはずです。
メラニンの生成を抑えて排出をさせてくれる効果が期待できるものになります。

さらに、肌の新陳代謝を促してくれる成分でもあります。
普段の食事から摂取も可能で、主にホウレンソウや肉類、青魚類、大豆製品に多く含まれています。

成分その2:ビタミンE
ビタミンEは、血行を良くしてくれる作用があるので、肌の代謝がよくなります。
これによってメラニンがお肌に沈着してしまうのを抑えシミを防いでくれる効果が期待できます。

成分その3:ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンC(アスコルビン酸)は美肌作りやシミ、そばかす、色素沈着改善に必須だということは有名です。
先に書かせいただいたL-システインがメラニンの生成を抑え、ビタミンCがサポート役となるのです。

この組み合わせがとても重要になります。

成分その4:ビタミンB2(リボフラビン)・B6(ピリドキシン塩酸塩)
ビタミンB2には肌の細胞の生成を促してくれる作用があるので、代謝が良くなります。
また、ビタミンB6にはお肌の再生を促してくれる作用があります。

ですので、この二つのビタミンが新陳代謝を促進させて、お肌のターンオーバーのリズムを整えてくれるのです。

このように、基本的にお肌に良い成分を使用しています。

また、ホワイピュアは第3類医薬品に指定されています。
この第3類医薬品というのは、副作用の可能性が比較的低いお薬になりますが、

・発疹
・発赤
・痒み
・嘔吐
・吐き気
・胃部不快感
・下痢
・腹痛
・便秘

といった症状が出る可能性はあります。

用法や用量をしっかりと守っていれば問題ありません。
ですが、稀にこういった症状が出ることもあるので、その際はすぐに服用を中止して医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ホワイピュアピュアの成分に危険なものは含まれていませんが、稀に副作用の症状が出ることもあります。
妊婦さんや授乳中のママでも飲めるお薬なので、安全性は高いといえます。

安全性の高いお薬ですが、今何か他のお薬を服用されていたり、何らかの疾患をお持ちの方は、服用前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。